【自分用メモ】バラの描き方

2017.03.29 (Wed)

以前描いたバラの描き方を忘れないように自分用メモ。

①まず暗色で大まかな形を取る(適当でOK)
0328-1.jpg

②明るい色で花びらを描く(中心を互い違いに囲むように、外側に行くほど大きく描く)
 背景の中のワンポイント程度の扱いならこのレベルでOK(むしろ細かく描かない)
0328-2.jpg

③画面中で大きめな扱いなら、さらに描き込みを加えて完成
0328-3.jpg
バラを描く機会はそんなに無いですが、暗色に光を当てていく厚塗り的な考え方は他のモチーフでも参考になるのではないかと。
元から厚塗りで描いている方にとっては当たり前かもですが、今までやってなかった私にとっては新鮮な感じがするのです。

もっといろいろ試してみたいところです(*´꒳`*)

23:34  |  お絵描きメモ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

放射状の光の描き方

2016.12.03 (Sat)

最近は絵のお仕事が1つ終わればまた1つとコンスタントにいただいている状態で、なかなかブログ更新と創作の時間が取れない状態が続いています。でもお仕事頂けるのはありがたいのでどちらも頑張りたい所存(°▽°)

イラストでたまにしか使わないテクニックはいざという時なかなか思い出せなかったりするので、すぐ思い出せるようまとめておきたいと思います。

今回はこんな感じの放射状の光をClip Studioで描く方法をメモしておきます。
1203_6.jpg

手順は簡単なんですけど、忘れがちなので(°▽°)

①グラデーションをつくる
1203_4.jpg
こんな感じでグラデーションを作成します。このグラデーションが最終的に内から外に向かうグラデーションになります。

②波形フィルタをかける
1203_5.jpg
[フィルター]>[変形]>[波形]で、先ほどのグラデーションにフィルターをかけるとこのようになります(波の形は矩形波)。
波の数や振幅などのパラメータは必要に応じて変更します。

③極座標変換フィルタをかける
1203_6.jpg
[フィルター]>[変形]>[極座標]で、極座標変換をかけると上のようになり完成です!
(変換方式は直交座標から極座標)

簡単なんですけど、直感的ではないので忘れがちです。
これを機会にしっかり覚えます(*´꒳`*)
19:53  |  お絵描きメモ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

厚塗り背景の塗り方を勉強中

2015.09.12 (Sat)

この1週間は「厚塗りの背景どうやって塗ればいいんだろうー」と考えることに時間を費やしました。なのであんまり進んでません_(:3」∠)_

私は絵と向き合うと考え過ぎてしまうのが弱点ですね(*▽*)ただ考えないで描くと納得のいかない作品になりそれはそれで満足感がないので難しい。

作業的にはあまり進捗がないですが、「尊敬する絵師様はどうやって描いてるのか」と絵を見たり講座・メイキングを見たりして、それなりに得るものはあったかも(。・・。)
結構いろんな方の絵や講座を見てましたが、1番参考になったのはIRADUKAIさんにあるやすくらさんの講座
絵のタッチ的に目標にとても近い絵です(*´ω`*)

前回は葉っぱでしたが、今回は木の幹でどんな描き方をしたかメモしておきます(。・・。)

①暗めの色でベースをつくる
0912_1.jpg

②明るい色と暗い色を大雑把に置く(上で紹介した講座の「平筆」を使用)
0912_2.jpg

③ ②で大雑把に塗った色をなじませる(前回も使用した「油彩画筆01」を使用)

...この工程で保存しておくの忘れて画像ありません/(^o^)\

④ハイライトや幹の質感、1番暗い色など細かい部分を「平筆」で描き込む。これはあまりボカしすぎずはっきり描く。
0912_3.jpg
上のはちょい遠めなのでボケ多目です、左にある木はやや手前なのでもっとはっきり描いてます。



まだ試行錯誤中ですが、そんな頻繁に木を描くわけではないので、しっかり記録を取っておきました。
以前『ブログで技術を惜しげも無く披露しててすごい』みたいなコメントを頂いたことがありますが、案外こういうのは自分の役に立ったりするのです(。・・。)

描き方に関しては、②の「まずは大雑把に塗る」というのが今までの自分が苦手な部分だったので、ちょっと成長したような気がします。

そろそろこの絵も完成させたいのでもうちょっと頑張ります(*´∀`)
23:53  |  お絵描きメモ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

【自分用メモ】葉っぱを油彩ブラシで塗ってみた

2015.09.07 (Mon)

今はこの前の絵で背景の練習してます。

私は今までも何度か言っていますが植物などの自然の背景が少し苦手です。
自然の乱雑さを表現するのが苦手なんだと思います。

でも逃げてばかりもいられないので、今回の湖の絵で実験&練習です。

参考に、私の好きな絵・こう描けるようなりたい絵は、筆の跡が残るアナログタッチの絵が多いです。
元々デジタルでイラストを始めて、美術の教育もほとんど受けていない私は油彩・水彩のタッチに憧れるのです(*´ω`*)

そこで、普段はクリスタの水彩ブラシで絵を描く私ですが、今回は油彩ブラシで描くことにしました。
やってみた感想は「こんな表現もありかも!」という感じ(。・・。)

手順はまだまだ改良の余地がありますが、葉っぱを描いた時はだいたいこんな感じ。

①葉っぱの形のラフを大まかに描く。
0907_1.jpg

②葉っぱの線画をつけペン風の水彩ブラシで描く(乗算レイヤー)。
0907_2.jpg

③線画の中をバケツで塗りつぶし。この時点で大まかな明暗の色分けをしておく。
0907_3.jpg

④②の線画と③のレイヤーを結合する。

⑤④で結合したレイヤーに、油彩ブラシ「Normal」や「オイルパステル」ブラシで大まかに影をつけ、「油彩画筆01」で馴染ませる(ここでの「」内のツール名称はClip Studioでダウンロードした名称をそのまま記載してます)。

⑥最後のハイライトも⑤と同じような手順で塗って完成!
0907_4.jpg

途中から1枚のレイヤーで作業しているので⑤の画像がありませんすみません(*▽*)

この塗り方を他のモチーフやキャラにも試してみたいなと思ってます( ∩ˇωˇ∩)
00:43  |  お絵描きメモ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

【自分用メモ】パンの描き方

2015.05.24 (Sun)

前回の記事から1週間、まだPCのブルースクリーンやらの不具合に悩まされています(*▽*)
色々手は打っているのでそろそろ安定してきて欲しいところ。ブルースクリーンはこの3日間出ていないのでドライバ関連の問題はクリアできたのかな?と期待してますが、今日は今日でフリーズ_(:3」∠)_なんか熱暴走かな?という気がして対策中です。誰かPCに詳しい方いたら教えて頂きたい(。・・。)

幸い?にもお絵描き中のフリーズ等は無く、お絵描きは少しずつペースを取り戻しています。今回は久しぶりにパンのイラストを描いたので、その描き方をメモしておきます\(゜∇ ゜ゝ)とは言っても他の背景モチーフと変わりないですけどね。描く度に「どう描いたっけ?」と忘れてしまうので(;´∀`)

*********自己流パンの描き方*********
(真ん中と左のパンとを例にします。他も基本は同じ)

①まず適当な色でベースの色を置く。さらにザラッとした質感のテクスチャも入れる。
0524_1.jpg

②大雑把に影を入れる。
0524_2.jpg

③パンの焼き目を入れる。今回はクリスタに入ってる「にじみブラシB」を使う。
0524_3.jpg

④粉だったりゴマだったりがついてるパンの場合、ここで追加。
0524_4.jpg

⑤最後に光を入れて完成!
0524_5.jpg

*************************

あれ?描いてみると案外中身が無い!w
パンであろうが何であろうが、実物をしっかり観察して、その質感をどんなブラシで、どんな手順で表現するかがポイントであり面白さでもありますね。
真ん中のパンなんかは表現しやすいですが、右下にあるクロワッサンなんかは実物はもっと複雑で、どう簡略化するか悩みます。

以上、あっさりとした描き方でしたが、3年前に初めてラナを描いたときよりはうまく描けてるんじゃないかなーと思います(*˘◡˘*)
00:29  |  お絵描きメモ  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT