チェコ旅行記⑤(ザクセンスイス編)

2017.08.26 (Sat)

チェコの旅4日目は、街を離れて山に行きました。
ドレスデンとどちらにするか悩んだのですが、綺麗な街並みや宮殿だけでは飽きてしまうので自然の多い観光地へ行くことにしたのです。

目的地は、国境を超えた先のドイツのザクセンスイスです。

事前に鉄道チケットを予約して、朝早く向かいます。
今まで自分で鉄道チケットを予約して乗車したことはなかったので、結構ドキドキでした(*▽*)

心配しつつも無事ザクセンスイスの麓の駅に到着。
P7191996.jpg
こういうヨーロッパの田舎の駅に来ることも初めてなのでなんだかワクワクです。

P7191762.jpg
早速登山スタート。
登山と言っても、頂上までは1時間程度のお手軽ハイキングです。

P7191971.jpg
この山は、昔海だった場所が侵食されて出来た山だそうです。
他の山には無いような景色が見られます。
これもファンタジーな雰囲気(*´꒳`*)

P7191978.jpg
頂上付近からの眺め。
大きな川はドレスデンまで続くエルベ川。
先程の駅も見えます。
遠くまで森や山が続いていて、これぞヨーロッパの大自然といった感じです(*˘◡˘*)

P7191811.jpg
頂上付近の奇岩群に到着!
ここで見られない絶景で、プラハから時間をかけて来た甲斐がありました。

P7191849.jpg
そしてこれが有名なバスタイ橋。
1つ前の写真はこの橋から撮っていました。

P7191941.jpg
奇岩の上に人が!
と思いましたが後でもっと近くの場所から見てみると、人の形をしたパネルが置いてありました(笑)

P7191915.jpg
2ユーロで入れる有料エリアにも行ってみました。
ただ私は高いところが少し苦手なので、この写真のような足場の上で震えながら写真撮影していました:(;゙゚'ω゚'):

ザクセンスイスを一通り満喫したので下山して帰途へ。
この日はお天気が良くてハイキング日和でしたが、ちょっと暑すぎて大変でした(*▽*)
山と駅の川がありますが橋は無いので船で渡るのですが、待ち時間が長いためすごく暑かった!
行かれる方は暑さ対策をオススメします。

また今回の鉄道では座席指定をしなかったのですが、帰りの鉄道は座席が一杯で座れないという悲しい事態に( ;∀;)2時間半立ちっぱなしでした。
今度から鉄道移動するときは、お金をケチらず座席指定するべきだなと思いました。

次は最終日で、再びプラハを散策します。

20:00  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

チェコ旅行記④(チェスキー・クルムロフ後編)

2017.08.19 (Sat)

チェスキー・クルムロフ2日目です(*´꒳`*)

チェスキー・クルムロフは小さい街の割に人がとても多いので、朝早くに写真撮影の散歩に出かけました。

P7181493.jpg
チェスキー・クルムロフ城。
この日も良いお天気で良かったです。

P7181523.jpg 
ファンタジーの街みたいな道。
人がいないと雰囲気がより出ていますね。

朝ごはんを食べて、お城に向かいます。

P7181539.jpg
お城へ向かい道もファンタジックです(*˘◡˘*)

P7181549.jpg
お城の中庭。
このお城の壁はほとんどだまし絵になっています。

お城の中はガイドツアーで入れますが、撮影不可なので写真はありません。
ガイドは英語なので内容はほとんどわかりません(笑)
でも今まで行ったお城や宮殿とは違った雰囲気で行く価値は十分ありました。

P7181608.jpg
お城の塔にも登れます。
綺麗な街並みと川と遠くの山も見えて素敵な眺め。

P7181587.jpg
塔の入り口近くでは綺麗な歌声が...(*´꒳`*)
中世を感じさせる衣装に民謡風の歌...良かったです。

P7181693.jpg
お城の近くにはこれまた中世っぽい鍛冶屋が!
チェスキー・クルムロフは観光の街なので、あえて中世の雰囲気を残している場所がたくさんありました。

お城の見学が終わり、残りの時間はお土産探しの散策。
P7181698.jpg
素敵なお店が一杯あって、どれも入りたくなるお店ばかりでした。

あっという間に時間が過ぎ、
チェスキー・クルムロフに別れを告げプラハに戻ります。

プラハでは最初に宿泊したホテルとは違う、より旧市街に近いホテルを選びました。
歩いてすぐスーパーや旧市街があるホテルなのですごく便利!

もう時間も遅かったのでホテルのすぐ近くの市民会館で晩ごはん。

sP7191737.jpg
チェコ名物、コレノ(豚の膝肉)を注文!
見た目が豪快で、味も良かった!

おじさんがアコーディオンで演奏しながら歌をうたっていて、まさに異国という感じのお店で大満足でした。

これでこの日は終了。
次はプラハから電車でザクセンスイスの山に向かいます。
16:08  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

チェコ旅行記③(チェスキー・クルムロフ前編)

2017.08.13 (Sun)

2日目はプラハを後にしてチェスキー・クルムロフへ向かいます。
(チェスキー・クルムロフの後再びプラハに戻ってきます)

チェスキー・クルムロフへはバスで3時間。
飲み物も出るし飛行機みたいな液晶端末もあるしwifiも繋がるので快適です。
道中の形式も綺麗ですよ!ヨーロッパは草原や畑が広がっていて素敵なのです。

チェスキー・クルムロフに着いてホテルにチェックインすると、別のホテルへ移動させられました。
特に理由も聞かされずこじんまりしたホテルに...。

でも部屋の雰囲気はいい感じ。
P7171132.jpg

帰国後に旅行会社に問い合わせたところ、宿泊予定だったホテルで水回りのトラブルがあり移動させられたとのこと。ホテルの人何にも言ってませんでしたけど!(後日旅行会社から一部料金の返金がありました)

チェスキー・クルムロフ城へは明日行くので今日は街の中を自由に散策です。

こんな素敵なアンティークショップがあったり。
P7171177.jpg

こんな雰囲気のある路地裏も。
P7171381.jpg

中世っぽい市場もありました。
P7171240.jpg

お昼休憩中でこれまた中世っぽいレストランに。
P7171197.jpg

P7171204.jpg

小さな街なのでこの日だけで街のほぼ全てを歩き回れました。

最後はご当地ビール、エッゲンベルクの醸造所レストランで晩御飯。
P7181416.jpg

夜の街も雰囲気がありました。
P7181443.jpg

次の日は、いよいよチェスキー・クルムロフ城に行きます。
10:48  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

チェコ旅行記②(プラハ城後編)

2017.08.12 (Sat)

プラハ城からストラホフ修道院まで移動。

途中こんな素敵な階段があったり。
P7160688.jpg
ただプラハの建物は落書きが多いのが残念な感じ。
是非消して頂きたい。

ストラホフ修道院に到着。
ここに来た目的は美しい図書館を見るためです(*˘◡˘*)
さっそく中へ。

美しい天井画。
P7160727.jpg

しかしここには目的の図書館がありません。
図書館はどこなのか受付の方に聞いてみると、
「図書館は外を出て別の入り口」と言われました(°▽°)
間違えた!

でもここはここで綺麗だし人も少なかったので良しとします。

改めて図書館へ。


ファンタジー!
P7160774.jpg

ファンタジー!!(語彙力が足りない)
P7160788.jpg

図書館の中へは入れませんが、外から見るだけでもすごいです。ここで勉強したら魔法とか使えそうな気がします。今後魔法の図書館を描くときに参考にしよう!

ストラホフ修道院を後にして、プラハ城に戻ります。

ストラホフ修道院からの景色。左側にはプラハ城が見えます。
P7160798.jpg

プラハ城までの道中、ネルドヴァでお買い物。
P7160833.jpg
この通りは、昔住所というものがなかった時代に扉の上に装飾をして目印にいていたものが今の残っているのだそうです。この家は昔鍵屋だったのかも?

途中で聖ミクラーシュ教会にも寄りました。
P7160863.jpg
とても美しい教会なのですが、この日は残念ながら工事していました。
なので工事していない部分だけ撮影。

プラハ城に戻って、聖ヴィート大聖堂に再チャレンジ。
午後3時過ぎくらいでまだ並んではいましたが、それほど時間はかからずに入場。

聖ヴィート大聖堂は手前までは無料なので人が多いですが、有料エリアは多すぎるという程ではないので良かったです。

みんな大好きミュシャが制作したステンドグラスもちゃんと撮れました(*˘◡˘*)
P7160941.jpg
ステンドグラスでもちゃんとミュシャ!って感じです。

聖ヴィート大聖堂を後にして、その後は再び聖イジー教会に行ってコンサート♪

教会の中でスメタナを聞くことが出来て良い思い出になりました。
それ以外の曲も有名な曲ばかりで楽しかった!(疲れてたので所々寝てましたが!)

その後はトラムを使って再びストラホフ修道院へ(行ったり来たり(*▽*))

この修道院にある醸造所のレストランが美味しいとのことだったので(*´﹃`*)
P7171109.jpg

これで1日目は終了。2日目はチェスキー・クルムロフへ向かいます。
23:22  |  未分類  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP |