背景にラフや線画がどこまで必要か...

2015.05.03 (Sun)

お仕事の絵を描いているときに思ったことなので参考画像は出せないのですが、ざっと自分用脳内整理に。

私の場合、背景は最終的には線画を消しています。
背景の中でも主役になるような物は線画を残したりはしますが、基本的には背景は脇役なので消すのです。

今までの背景の描き方だと、

ラフ⇒線画(色分け用)⇒色分け⇒着色(影・ハイライト・質感を入れる)

という工程なのですが、最終的に線画を消すなら線画の工程いらないじゃん!どうせだったらラフも適当に描いて、細かいところは塗りながら考えればいいじゃん!と考えて、今描いている絵はそうやって描いてみたのです。
その方が時間短縮になると思ったから。いわゆる厚塗りの描き方ですね。

でも実際やってみると、ラフが中途半端だとどこからどう塗るか結構悩むんですよね(*▽*)今までそういう描き方してこなかったのが大きいんでしょうけど。ラフの段階でちゃんとアイデアを練っておいた方がいいのかも。
色分けの工程で結局線画を描くのに近い作業をするので、それだったら線画も描いてしまった方がいい気がします。
急がば回れということでしょうか(。・・。)

慣れの問題でもあるので、何回かラフと線画を省略する描き方を試してから、どっちの方法でやっていくか考えたいなと思います。
11:51  |  お絵描き  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alba352.blog.fc2.com/tb.php/381-6b6fbed3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |