「薬師の部屋」のラフを添削してもらった

2020.03.12 (Thu)

こちらのブログでも過程を公開していた「薬師の部屋」のラフについて、添削していただいたのでその内容についてまとめてみたいと思います。

ちなみに提出したラフはこちら。
20200304_3.jpg

指摘①:アイレベルについて
これについてはダメというわけではないですが、お仕事では「身長160cmのアイレベル」のように指定されることが多いので気をつけてね、という話でした。今回は低めのアイレベルの方が強い印象が出せると思って低めにしています。

指摘②:パースがきつい
これは描いているときに自分でも思っていましたw。こちらもアイレベルと同様、印象を強くするためにあえて強めにしていたのですが、もう少し弱くしてもよかったですね。
一般的に、2点透視の消失点感の距離は画面の大きさの4倍程度で取ることが多いらしいです。
確かにゲームの場合、あくまでキャラクターが主役であり、背景は場面説明をする役割になるので説明的でわかりやすい弱めのパースの方がいいのでしょうね。今回は背景が主役であるためこのようなパースになりました。
パースは修正したいところですが...なかなか直すのは大変そうですねw
どう対応するか検討してみます。

指摘③:物の大きさ・並べ方について
以前の私の作品と比べると物の配置は雑然とした感じを意識していたのですが、添削者さんからするとまだ整然としている印象を与えているようでした。確かに私自身もまだパースに囚われすぎている感覚はあります。またファンタジーであれば現実ではありえない大きさの物も扱えるので、そういったサイズのバラツキもあると楽しい雰囲気が演出できるとのことでした。確かに!ナットクです(*▽*)
私はラフの段階からパースを気にしすぎてしまう悪い癖があると思うので、ラフではもっと自由に描くことを意識していきたいと思います。

次回以降で、これらの内容を元に修正してきいたいと思います。


21:20  |  メイキング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alba352.blog.fc2.com/tb.php/492-a901b3d8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |