ヨーロッパ旅行記(ストラスブール編)

2012.09.26 (Wed)

ヨーロッパ旅行記第4回目、旅行中では3日目になります。
前回のフュッセンから、フランス・ドイツの国境近くにある、
フランス・アルザスのストラスブールにやってきました!

まずはノートルダム大聖堂へ。
ノートルダムとは聖母マリア様のことだそうで、
ヨーロッパには複数のノートルダム大聖堂があります(パリにもありました)。

街を歩いて辿り着くと、思わずうわっ!と声が出ました
m446.jpg
でけぇ!
これでは大きさがわかりづらいかもしれません。
それでは次の写真をどうぞ。

m441.jpg
人がこんなに小さいです。それくらいでかいです。とにかくでかいです。
写真1枚では全体を収められないため、やむなく2枚になりました。

m460.jpg
ここはフラッシュ使わなければカメラ撮影できます。
ここぞとばかりに撮りまくります。
ヨーロッパの街並みを見て「RPGみたい!」とよく言いますが、
これはRPGのそれを遙かに凌駕します。ちょー神聖です。

m472.jpg
奥から入口方向を撮りました。
ステンドグラスがとても綺麗(*´ω`*)
右側にあるのはパイプオルガンですね。
ヨーロッパの大きな教会にはパイプオルガンがよくありました。

m490.jpg
一通りノートルダム大聖堂を見学し、外に出た後振り向いてまた1枚。
ノートルダム大聖堂の周りは普通にお店があります。
日本の重要文化財はその周りも塀に囲まれていたり、周囲も特別な空間ですが、
ヨーロッパの大聖堂は普通に街の中にあったりして驚きます。

m498.jpg
近くにあったパン屋さんの看板。
ヨーロッパは看板が可愛いです。

今度こそノートルダム大聖堂を後にし、
ストラスブールでもう1つの観光スポット、プティット・フランスへ。

プティット・フランス、ちいさなパリ。
厳かで神聖なノートルダム大聖堂とは違い、木組みの建物がならぶかわいいスポットです。
m514.jpg
写真のように、ストラスブールを流れるイル川の中にあります。
木組みの街並みは、ドイツっぽいですね。
国境上にあって、ドイツと取ったり取られたりして、両方の文化が混ざったみたいです。

遊覧船でクルーズができますが、今回は乗れませんでした。
今度来たら乗りたいな(*´∀`)

m524.jpg
こ、これは、普通のお家のバルコニーでしょうか?
羨ましい!羨ましいぞ!

などと色々見ている間に、タイムアップ。
忙しいよ日本のツアー!ここも次は個人で来てゆっくりしたいです。
お菓子も有名な場所なので、お菓子屋さんも行きたい!

名残惜しくもストラスブールを後にし、TGVに乗って、
次回はラスト、パリ編です!
21:00  |  旅行  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  Top↑

*Comment

ノートルダム大聖堂でかすぎ!
写真からでも、近代的な高さだけを競ったような建造物からは
感じられぬような「想い」が伝わってきますね^^!

実際観るとその神聖度はたまらんのでしょうね^^
街中に普通に建ってるところがまたイイですね!

次のパリは私も是非行きたいトコロですね!
楽しみにしてます!
eropon |  2012.09.26(水) 21:26 |  URL |  【コメント編集】

■Re: タイトルなし

>>eroponさん

コメントありがとです(*´∀`)

ストラスブールのノートルダム大聖堂は大きいですね~。
パリのノートルダム大聖堂より大きかった気がします。
日本にも歴史的な建物で大きいものはありますが、
細かな装飾と迫力に圧倒されます。

ヨーロッパは教会が街の真ん中にあって、
教会が生活の中心になっているのかなと思います。
日本では宗教はあまり生活と近くないので、
ここらへんが文化の大きな違いですね。
アルバ |  2012.09.27(木) 21:09 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://alba352.blog.fc2.com/tb.php/97-0fa0b4b8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP |